忍者ブログ

エコーバレーのアルペンスノーボーダーです。長野県白樺湖・蓼科の出来事、スノーボードの出来事、愛車の「いすゞウィザード」などなど・・・、日常を綴ってます☆

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 よくビィンディングのカントやリフト、アングルやスタンスなどのセッティングを聞かれることが多いんですが、皆さんは結構気になるのかな?そういえば、PSAのサイトでもセッティングのページみたいなものがありましたね!

 ライディングスタイル、身長や体重、骨格が人それぞれ違うので、これは滑り込んでしっくりくるセットを見つけるしかないでしょう!

 あまり参考になるかわかりませんが、僕のセッティングをご紹介します↓

101123_2235_01.jpg昨年から使い始めたF2のレースチタン。硬度はありますがサイドフレックスが良く出て凄くいいビィンディングだと思います!サイドフレックスが硬いインテックも試しましたが、ライン修正が難しく、叩かれまくったので、トゥークロージャーにしました。多少遊びがあったほうが僕は扱いやすかったです。

101123_2234_02.jpg前足はアングル55°、3°カント1枚、トゥアップは3°カントを2枚重ねて少しだけ上げています。以前はトゥアップを入れていませんでしたが、なるだけセンターに乗りやすいようにしたかった結果、こうなりました。


101123_2234_01.jpg後足はアングル50°、3°カント1枚、ヒールアップは既製品の物を1枚入れています。スタンダードなセッティングです!ちなみにスタンスは48cm位かな?



それと、シーズン初めの体がリセットされている状態で滑って、セットを決めたらあまり変えないようにします。新しい板に乗る時も昨年と同じセットで乗ってみて、ちょっと違うなと思ったら少しだけ直す程度です。何度もセットを変えると何がいけないのかがわからなくなり、ハマってしまうのでなるべく変えません。 あとは、あまり考えすぎず、楽しく滑るのが良いと思います!

yamabiko.jpg

P.S
エコーバレーでも今日から雪を巻き始めましたよー!12月4日オープンはギリギリ間に合うかな?ピラタスは間違えなくオープンするので、初滑りはピラタスになるかも!
PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ アルペンって‥

初めまして、サイトを見させていただきました。
36歳になるおっさんですが、アルペンボードにハマっています。
実質はアルペンに入って、3シーズンくらいです。
今年は飛躍の年になりまして、両足のセッティング角をかなり進めることができました。
グーフィースタンスですが、前足60° 後ろ足57°のセッティングです。
これがはたして良いのか・悪いのか分からず、どんどん進めていった結果です…。
実際には、角度を前向きすればするほど‥のメリットやデミリットを知りたくてメールをいたしました。
出入りしているショップの店長には、このセッティングを「ただの暴走族」と言われました(笑)

板も一気にそれまで乗っていた156cmから174cmまで上げてみました。
っていうのは、スピードが大好きで156cmでは耐えられない領域に達してしまったからです。
初めて174cmに乗った時には、「曲がれるか・止まれるか」と怖かったものの、意外にも乗れてしまいまして、来シーズンに向けてオークションで180cmを購入までしてしまいました(笑)
年も年だし、いけるところまでいってみようか、と挑戦をしていきたいと考えています。

ちなみに、腕前をみてもらったり、指導してもらうにはどこのゲレンデがお勧めですか? 失礼な質問ですみませんが…。

わたくしの住まいは茨城県県央地区になります。

よろしくお願いします。

秋葉 友宏 2013/05/15(Wednesday)21:46:44 Edit
◎ Re:アルペンって‥

秋葉さん

はじめまして。お便りありがとうございます。

ご質問のハイアングルについての私観を述べさせていただきます。
スキルの向上段階でレーサーのようなカービィングに多少なりとも不安のある技術レベルでのハイアングルはトゥ・ヒール両サイドにおけるラインの修正の可動域を極端に狭めてしまう危険があるので如何なものかと思います。ハイアングルは元来、ボードの操作性(軌道修正の幅)を狭めて、前方への加速モーメントの増大を図る目的でそうしている訳ですから、必然的に落下方向への慣性が働き板は直進していきます。こうして場合、しっかりと板に加重しうる体幹ポジションが確立されていないと加圧カービィングが不可能となり板の方向性が定まらなくなります。こうした事由から、通常、中~上級者の方々にも先ずローアングルから始めて、自分の板の可動域を確認しながら徐々にアングル角を上げていくように指導しています。色々なシュチュエーションでアングルを変えながら自分に最も適した角度でズレのないカービィングが可能なアングルを探ってみて下さい。

私たちが滑っているエコーバレースキー場には、日本のスノーボードの黎明期を築いた重鎮をはじめ、アルペンスノーボードフリークがたくさん集っています。お出でになられたら気軽にお声掛け下さい。

秋山浩範

【2013/05/1717:13】
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ プロフィール
HN:
秋山浩範(あきやまひろのり) O型
性別:
男性
自己紹介:
夏は避暑地!
冬はウィンタースポーツ!
信州蓼科・白樺高原、女神湖のほとりでロッジ「蓼科メドウズ・スポーツドミトリー」を営んでおります。リーズナブルな宿泊代金と地元食材を生かした料理が自慢のロッジです。白樺湖・蓼科にお越しの際は是非ご利用下さい★

JSBA公認プロスノーボーダー
12/13 Pro tour ranking14位(AL)
06/07 JSBA日本ランキング7位でPSA-ASIAプロスノーボーダーへ昇進。プロツアー/FISレース参戦中なう。白樺湖エリアを中心にトレーニングをしています。ホームゲレンデはエコーバレースキー場。ゲレンデで見かけましたら、気軽にお声掛けください!
◎ 大会・練習風景ヾ(。・ω・。)
Powerd by funisgood.com
◎ カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
◎ TWETTERヾ(。・ω・。)
◎ ブログ内検索
◎ アクセス解析
◎ キリ番ゲットン(。・ω・。)ノ
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]